レーザー脱毛とリスクへの取り組みについて

レーザー脱毛のリスクといえば、ヤケドがトップに浮かぶことでしょう。実際には、クリニックでは医療のプロが、施術前に肌状態や毛の状態を確認しますから、ヤケドは頻繁に起こることはありません。

医療レーザー脱毛に有効な情報の紹介です。

万が一、レーザー脱毛でのヤケドが起きた時でも、施術を担当したクリニックで、責任をもって対応してくれます。レーザー脱毛のヤケドの発生率は低いものの、完全にないとは言い切れません。
なぜ医療機関でありながら、ゼロにならないのか、不思議に思うかもしれません。それは、レーザー脱毛の仕組みにも関係しています。



レーザーが体毛に吸収されるときに発生する熱が、脱毛の効果を発揮しています。

熱はムダ毛が再生する毛包の細胞や毛根を破壊します。

これにより、永久脱毛の効果を得られる仕組みです。


レーザー照射を行うとき、出力を控えめにすれば、ヤケドというリスクは低くなっていきます。

しかし、一定の熱量を加えないと、脱毛の効果にはつながりません。

せっかく高額な医療脱毛を受けるのにも、出力が低すぎると、効果も低くなってしまうわけです。十分な脱毛効果を得るためには、それなりの出力のパワーは必要となります。

毛包と体毛組織を破壊するくらいのパワーの出力は、永久脱毛をするためには欠かせないのです。

しかし、ヤケドにはならないよう、ベストな出力を調整する必要もあります。



リスクはゼロではありませんが、医療機関では、その人にあった出力に調整して脱毛を行っています。