海外旅行保険は特約をパッケージにしてあります

海外旅行保険は様々な特約をパッケージにして、複数のプランの中から選択するような仕組みになっているのが通常です。

保険料が高いものの補償内容が充実しているプラン、保険料が安くて補償内容が必要最低限になっているプラン、その中間のプランなどの数パターンの中から選択するようになっています。


海外で病気や怪我をした場合の治療費、死亡した場合の死亡保険金、過失によって他人に損害を与えた場合の賠償責任などは、どのプランにもセットされています。
その他にセットされる特約には様々なものがあります。

例えば、携行品の損害に対する補償があります。
旅行中に鞄やカメラなどの携行品を紛失したり、盗まれたりした場合に、海外旅行保険の保険金で損失を賄うものです。
治安の悪い国に旅行する場合には有効な補償であると言えます。
航空機の遅延に備えた補償もあります。

海外から帰国する予定の日に天候の悪化などで航空機が欠航になってしまっては帰国を延期するしかありません。

そのような場合に、現地のホテルに追加で宿泊した際の宿泊料金を海外旅行保険で賄うものです。

特約保険料は安いので安心のために付加する人も少なくありません。

救援者費用を海外旅行保険で賄うこともできます。旅行先で病気や怪我をした際に家族が駆けつけるための費用が保険金として支払われます。

遭難した場合の捜索費用などを補償できるような特約もあります。

更には、航空機に搭乗する際に身の回りのもの以外は預けることになりますが、その荷物が航空会社の手違いで予定通りに到着しなかった場合に、洋服などの必要な物品を購入することになった費用を海外旅行保険で補償することもできます。

このように、海外旅行保険には様々な特約がありますが、それは海外旅行には予期できない突発的なことが発生する可能性があるからです。なお、海外旅行保険は戦争による被害は免責になっていますが、テロは免責でなく、地震や噴火による損害も補償されます。

http://www.jikojoho.go.jp/ai_national/
http://www.police.pref.chiba.jp/trouble/newest/
http://www.police.pref.chiba.jp/trouble/newest/